スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラチョコの作り方番外編 チョコレートの正しい湯煎(テンパリング)の仕方

キャラチョコの作り方番外編 
チョコレートの正しい湯煎(テンパリング)の仕方



前回、詳しくキャラチョコの作り方をご説明した訳なんですが、
キャラチョコ「伝説のポケモン レシラム」作り方

その時にあまりにもええ加減な湯煎の方法だったにも関わらず、
検索で「チョコレート 湯煎」と入力して
このブログにたどり着いてしまったお気の毒な人が、
結構沢山いたので(ほんま申し訳ない^^;)
正しいチョコレートの湯煎の方法を調べてみました。

チョコレートの湯煎のことを、
「テンパリング」というそうです。

で、きれいにチョコレートを溶かすには、
やっぱり適温があって、
それをちゃんとすればキレイな艶のある、
なめらかな溶かしチョコが出来上がるみたいです。

わたしみたいにな~んも考えずにやっては
やっぱりいけないんですね(笑)

んなわけで、その方法をまとめましたんで、
参考になりましたら幸いです。


【1】
刻んだチョコレートの2/3をボウルに入れ、湯煎にかけて50℃に温める。
このとき、湯気や水蒸気が入らないように!


【2】
湯煎からおろし、残りの1/3のチョコレートを加え
「空気を含ませない」ように混ぜ合わせる
全体がなめらかでダマのない状態になり、
温度が32℃になったらOK!


この、「空気を含ませないように」っていうのは、
混ぜてるへらとかを持ち上げたりしないでグルグル混ぜるって感じかな?

きっとそう(何を根拠に^^;)。

これが温度の上げ下げの少ない、一番シンプルな方法だそうです。


ちなみにコツとして、


(コツその1)
チョコレートは粉末にならない程度に、出来るだけ細かく、均一に刻むこと。
フェーブ状のチョコレートは刻む作業がいらず便利です。

(コツその2 )
水や湯気は厳禁です。湯煎用の鍋はボウルより小さいものを選ぶと良いでしょう。

(コツその3)
この方法でテンパリングをする場合、チョコレートは500gが適量です。
保温のため、最低でも300gは必要。



テンパリングできたかどうかは、
包丁やパレットナイフなどステンレス製の平たいものの先に少しつけて、
しばらくおいてしっかり固まれば、見事テンパリング完成!


これらの情報は
「お菓子作り・パン作りの材料と道具の専門店 cuoca(クオカ)」さんの
ホームページより抜粋させて頂きました。

ありがとうcuocaさん^^


湯煎についてもっと詳しくcuocaさんで見る>>>
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
Javari
プロフィール

揚羽

Author:揚羽
二人の娘がいます。
毎日がてんやわんやですが、
マイペースにおかん営業中です(笑)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
つぶやいてます
TwitterPowered by SEO対策119

Twitter
SEO対策-GV
わたしの本棚
1日1回クリック募金にご協力下さい
月別アーカイブ
おススメ!
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
参加中!
人気ブログランキングへ

おかんは今どこ?!



こっちは?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。